Top BMWの安全性 ;>ABSとブレーキ、ステアリング

2007年04月14日

ABSとブレーキ、ステアリング

BMWには、全車種にABSが設置されているそうです。
だからBMW車で急ブレーキを踏んでも、ハンドルがロックせず、
ハンドル操作で事故を回避することができるのです。

ABSとは、
アンチロック・ブレーキ・システムまたは
アンチロック・ブレーキング・システムとも呼ばれています。


通常のブレーキ操作では、
ハンドル操作によってタイヤの位置は変わりますが、
急ブレーキ(フルブレーキング、ハードブレーキング)や、
路面がぬれているときなどは、
タイヤがロック(固定)されて、路面をスリップしてしまいます。

ハンドル操作がきかないので、
スリップや横転、衝突事故などが起きやすくなってしまいます。


BMW自動車では、ABSの他、
安全面にいろいろ技術を尽くしていますが、
ブレーキのききがよいそうです。


またBMWのステアリングは、
つまりbmwハンドル操作は、
ハンドルを動かすと遊びが少なく、
すぐにハンドルに合わせて車体が左右に動くので、
ドライブ、運転が好きな人にはたまらない魅力だそうです。

特に、BMW5シリーズのアクティブステアリングなどは、
便利ですね〜。

車庫入れなどの低速時には、
少しのBMWステアリング操作(ハンドル操作)で、
タイヤは大きく動きます。

逆に、
高速時はステアリング操作量よりもタイヤが小さく動くので、
bmw車の安定性が高まっています。


「bmwの秘密・BMWはなぜ売れるか?」のトップページにもどる
posted by BMW at 17:01 | BMWの安全性

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。