2007年04月06日

ランフラットタイヤとエコ

BMWに装備されているランフラットタイヤは、
パンクしても走れるので、運転手がパンクに気がつかないといいます(笑)。

ただし、ランフラットタイヤがパンクしたら、
その場でタイヤ交換をしなくてもいいので安全・安心ですが、
タイヤ交換時は、
ホイールごとの交換になります。

まだ、
ランフラットタイヤがノーマルタイヤよりも値段が高いので、
そこがネックになりますね。

でもパンクなんて、
何年に1回でもあるかないか、ですものね!

それを考えると、
地球や環境にやさしいランフラットタイヤのメリットが生きてくるでしょう。


さて、このBMWのランフラットタイヤは、エコロジーです。
地球や環境にやさいしいんです。

bmwのランフラットタイヤが、どのようにエコかというと、
スペアタイヤを常時、車に積んでおかなくていいということなんです。


自動車が廃車にされると、
ほとんどのスペアタイヤはそのまま捨てられます。

うちの近所の空き地にも、
タイヤだけがうずたかく詰まれて、何年も放置されているところがあります。

このタイヤって、どう処分するんだろうって、
いつも疑問に思っていました。

だって燃やしたら、有毒ガスガが出そうだし、
空気も汚染するし、
再利用もできなさそうだし・・・って。


廃棄されるスペアタイヤは、
大きな環境問題となっています。


しかし、ランフラットタイヤの採用で、
タイヤの廃棄処分も少なくなります。

また車にスペアタイヤを積まなくていいので、
車自体の重さが軽くなり、
燃費は上がるし、
それによりCO2が削減されますね!!


もちろん、スペアタイヤを積まなくていいことで、
トランクスペースが広くなるし、
車のデザインの自由度も大きくなります。


ちなみにBMWでは、
オプション設定でノーマルタイヤが選べる車種もあります。


「bmwの秘密・BMWはなぜ売れるか?」の上にもどる
posted by BMW at 10:15 | BMWとランフラットタイヤ

2007年04月05日

BMWとランフラットタイヤ

BMWのショ−ルームに出かけていって、
bmwの営業マンからBMWの魅力について教えてもらったとき、
私がいちばん驚いたのは、
BMWのランフラットタイヤのことです。

ランフラットタイヤとは、パンクしても走れるタイヤなんです!!

え〜?
なぜ、パンクしても走れるのぉぉぉ?


bmwはパンクしても、
2人乗りで時速60キロなら、
パンクした後100キロは走れるそうです。

だから高速道路の路肩で、タイヤ交換しなくてもいいし、
(危ないよね)
第一、女性の私なんて、
スペアタイヤは積んであるけれど、
実際にはタイヤ交換なんて、できないよ〜(涙)。


BMWはパンクしても、
ディーラーやガソリンスタンド、自宅などまで走れるので、
スペアタイヤをそもそも積んでいないのだそです!!

驚き!


スペアタイヤがいらなければ、ジャッキも必要ないわけで、
だからジャッキも積んでいないんですって!!

へ〜。
身軽なんだ〜(感心)。


ランフラットタイヤは、
タイヤ内部に構造を持たせたタイプだそうです。
そのため、
パンクで空気が抜けた後は、
この構造でタイヤが潰れないように支えるそうです。


ちなみに、ランフラットタイヤがパンクをしても、
ドライバーは気がつかないんだって!!

ひえ〜、すごすぎ。


だからBMWのように、
故障をパネルで教えてくれるような車じゃないと、
困るんだって!


「bmwの秘密・BMWはなぜ売れるか?」の上にもどる


posted by BMW at 19:03 | BMWとランフラットタイヤ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。